本会动态

文章详情页
村上茉愛、世界選手権代表入り消滅も前向く 「みんなより倍は練習できる」/体操
发布时间:2019-06-10 17:34:48来源:红心大战斗地主下载-红心棋牌游戏-可以提现的斗地主点击:1

  体操?NHK杯 第1日(18日、東京?武蔵野の森総合スポーツプラザ)世界選手権(10月、ドイツ?シュツットガルト)代表選考会を兼ねた大会が開幕。女子が行われ、昨年の世界選手権個人総合銀メダリストの村上茉愛(22)=日体ク=が腰痛で棄権し、代表入りの可能性が消滅した。

  無念の涙を目に浮かべた村上が、足を引きずりながらフロアを去った。試合前のアップで跳馬を跳んだとき、腰が悲鳴を上げた。体に力が入らない。「恥ずかしい演技をしてしまう。今の自分に演技をする自信がなかった」。棄権するしかなかった。

  全日本前にも腰を負傷した。朝起きるのも困難なほどの痛みで、コルセットを付けて過ごした。復調し、練習に励んでいた1週間前。平均台で再び痛め、歩くのもままならなかった。

  17日は会場練習を見送って病院に向かい、痛み止めの注射を打った。診断の結果、全治3週間。日体大の瀬尾京子女子監督は「力が入らないというので危険と考えた。目標は来年(の東京五輪)だと(本人に棄権を)判断させた」と説明した。

  団体総合の2020年東京五輪出場枠獲得が懸かる世界選手権の代表切符をつかむには、今大会で12位以内に入らなければならず、道は断たれた。「みんななら大丈夫。任せられる。東京五輪のために、みんなより倍は練習ができる。そこで強くなりたい」。仲間に思いを託したエースは、たくましくなって帰ってくる。